VAIO Phoneは何が「ガッカリ」だったのか。

規模が小さいが、その規模に見合わないブランド力があるVAIO社は話題作りのために話を「盛る」、その「盛った」話に乗っかったVAIO好きの期待を裏切った。というのがこの話題の概要だと思ってちょっと調べてみた。結論から言うと、話を盛ったかといえば「Yes」、だがその背景には「開発遅延に伴う準備不足」という問題が浮かび上がるし、VAIO自身が仕掛けた「炎上商売の反作用」が見えてくる。

続きを読む